知の拠点セミナー

わが国の大学には、学部や大学院のほかに、研究所や研究センターがあります。研究所・研究センターは、学術研究の最先端を担い、各大学の個性といえる存在です。 2010年4月から「共同利用・共同研究拠点」という国の制度が始まりました。2019年4月1日現在、30の国立大学に、79拠点(94機関)があります。 それらの拠点では、所属する大学の壁を越えて、全国の研究者と交流しています。 こうした共同利用・共同研究拠点が一体となって、連続セミナーを開催いたします。

学問の最先端の様子を、広く一般の方々や学生の方々にお届けするとともに、その声を直接お聴きするのが目的です。サイエンスカフェ風のくつろいだ雰囲気のなかで、自由な談論のときをお過ごしください。

 

2020年(令和2年)4月より「知の拠点セミナー」が新しく変わります。

 2020年4月より「知の拠点セミナー」は現行の会場での講演形式から、動画配信形式へ変わることとなりました。
 毎月2件、3~10分の講義を、国立大学共同利用・共同研究拠点協議会ホームページからご覧いただけますので、 引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

場所

※令和元年6月より開催場所が以下に変わっています

京都大学東京オフィス
(東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング10階:アクセスマップ

開催日時 毎月 第3金曜日の夕方 ※8月は第4金曜日、12月は第2金曜日
参加資格 どなたでも参加できます.申し込みページから事前申し込み要

 

現在参加受付中のセミナー

※ 新型コロナウイルス感染症への対応として、下記の通りご協力をお願いいたし ます。

  ・咳などの風邪症状、発熱等、体調不良のある方は参加を御遠慮ください。

   (頻繁に咳をする方がいれば退席を要請する場合があります)

  ・来場時には、マスク着用等、感染予防を心がけてください。

  ・手指消毒剤を会場の入り口に設置しますのでご使用ください。

 ・できるだけ間隔を空けてご着席ください。

  • 第96回 知の拠点セミナー
    日時:令和2年3月13日(金) 18時00分~20時00分(※17時30分から受付開始)
    講演1:放射線被ばくと健康について
    田代 聡(広島大学原爆放射線医科学研究所 所長/教授 )
    講演2:農業環境での放射性セシウムのふるまい
    福島大学における共同利用・共同研究拠点の活動
    (1) オブザバトリーサイトの活用
    (2) アーカイブ土壌試料の活用

    塚田 祥文(福島大学環境放射能研究所 所長/教授 )
    詳細情報

これまでに開催されたセミナー

  • 日本学術会議
  • 文部科学省
  • 国立大学附置研究所・センター長会議
  • 大学共同利用機構法人
↑